実施報告 第5回千年希望の丘植樹祭2017 5/27


2017年5月27日、第5回千年希望の丘植樹祭2017を開催しました。

直前まで雨が降り続く中、約4,000人のボランティアの皆様が集い、3万本の苗木を植え切ることができました。
心より感謝申し上げます。



雨の影響から足元が悪く、どろんこ植樹祭になってしまいましたが、苗木にとっては恵みの雨となりました。
皆様が一生懸命植えて下さった苗木はスクスクと育っていくだろうと確信しています。

震災翌年の2012年に実証実験植樹を行い、2013年に第1回植樹祭を開催しました。
以後、植樹祭を重ね、今回で28万本の苗木を植えたことになります。

千年希望の丘に植えられてきた28万本の苗木はすべてボランティアの皆様の手で植えられたものです。
復興への願いを込めて植えられた苗木は、生物多様性の森、そして防災・減災効果が期待できるホンモノの森をつくりだすでしょう。

今回で千年希望の丘実行委員会形式で行う大規模な植樹祭としては最後になりますが、小規模な植樹祭はこれからも続きます。
植樹よりも重要な育樹、即ち除草作業もまだまだ続きます。

千年希望の丘にはみんなでつくった森があります。
機会があればぜひその生長を見に来てください。
約10キロに及ぶ森の防潮堤をスポーツやレジャーにも活用してください。

それでは、千年希望の丘で皆様と再会できますように。。。